So-net無料ブログ作成

<口蹄疫>「全頭処分、仕方ない」 宮崎の農家ら覚悟(毎日新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、感染が広がっている地域の牛や豚が全頭処分される見通しになった。感染まん延を遅らせるためにワクチンを接種したうえでの処分となる。畜産農家や地元は大きな打撃を受けることになるが、発生地区や地区外の農家などからは「全頭処分は仕方ない」との声も上がった。

 感染1例目が確認された都農(つの)町。牛40頭を飼育する永友浄さん(65)方は感染を免れているが、全頭殺処分には賛成という。「感染していなくても、町全体にこれだけ広がれば競りもできない。自分だけ感染しないのは逆に負い目を感じるくらい。全頭処分してゼロからスタートした方がいい」と語った。

 一方、感染確認が最も多い川南町で、牛76頭に感染の疑いが出た江藤民子さん(65)は反対の立場。「これ以上殺処分の頭数が増えると、埋却処分の遅れに拍車がかかる。牛は出荷までに年月がかかるので、感染していない農家は簡単には受け入れられないだろう」と他の農家を気遣った。

 川南町の蓑原敏朗副町長は「現時点で国からの連絡はない」とした上で、「ワクチン投与が決まれば、農家の方々に粛々と説明するしかない。ただ、殺処分される牛や豚の補償など具体的な経済支援策がない限り、説得は難しいと感じる」と話した。

 県内最大の畜産地で、感染が確認されていない都城市。牛20頭を飼育する別府俊利さん(80)は「これ以上、対策に手が回らないなら全頭処分も仕方がない。でも、農家にとって牛は生活の手段であって生きがい。大切にかわいがってきた牛を処分される人の顔を思い浮かべるといたたまれない」と声を落とした。【小原擁、澤本麻里子、川上珠実】

【関連ニュース】
口蹄疫:鳩山首相「責任追及より感染防止が先」
口蹄疫:感染した疑いが強い牛と豚 宮崎の5農家で確認
口蹄疫:殺処分に追われる関係者 疲労と焦燥が蓄積
口蹄疫:「ワクチン使用検討すべき時期」専門家委が提言
口蹄疫:牛関連のイベントが全国各地で中止に 風評も懸念

<三井造船>肺がん死亡男性の遺族が提訴 大阪地裁(毎日新聞)
介護職員の医療行為、特養以外にも拡大へ−長妻厚労相が法改正検討(医療介護CBニュース)
ユニットコム、“音々ちゃん”ミニノート第2弾を日本橋で限定発売
遺伝子組み換えナタネ、伊勢湾周辺に自生・交雑(読売新聞)
一度は体験してみたい、海に浮かぶ豪華ホテルの旅

蜃気楼 富山湾で、肉眼でも鮮明 離れた風景水平線上に(毎日新聞)

 富山県魚津市の富山湾で17日、蜃気楼(しんきろう)が現れ、約10〜20キロ離れた富山市や同県黒部市の岸辺の風景が水平線の上に浮かんで見えた。

 蜃気楼は、光の屈折で水平線付近の物体が上に伸びて見える現象。春から夏にかけて昼夜の気温差が大きく、北風が吹き込むと発生しやすいといわれる。

 蜃気楼の観測を続けている魚津埋没林博物館によると、この日は午後0時40分ごろから夕方まで、肉眼でも鮮明に確認できた。

 富山地方気象台によると、魚津市のこの日の最高気温は24.5度、午後1時は風速2メートルの北風だった。【岩嶋悟】

【関連ニュース】
天気:ようやく春の日差し戻る 静岡など
真夏日:暑い 大はしゃぎで水と戯れる子どもたち 金沢市で31.6度 /石川
真夏日:郡上で30.1度を記録 /岐阜
GW:5連休初日、行楽地へ人の波 新幹線乗車率は100% /静岡
ニュース交差点:気象 低気圧で強風列島

出会い系、「婚活」女性もトラブル続出(読売新聞)
北陸新幹線の延伸 もんじゅと別問題 国交相、福井県要望に(産経新聞)
赤いバイクで「ちょっとこっちに…」女児に声掛けの不審者情報相次ぐ 品川区 (産経新聞)
中学体育祭、強風でテント飛び生徒10人けが(読売新聞)
<リウマチ治療薬>投与やめても症状悪化せず…産業医大調査(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。