So-net無料ブログ作成
検索選択

システム開発会社元会長、粉飾の疑いで立件へ(読売新聞)

 東証1部に上場していたシステム開発会社「ニイウスコー」(東京都中央区、民事再生手続き中)が、架空の循環取引を繰り返し、2年間に売り上げを約200億円水増ししていた疑いが強まったとし、横浜地検と証券取引等監視委員会は、同社の元会長(62)を金融商品取引法(旧証券取引法)違反(有価証券報告書等の虚偽記載)容疑で立件する方針を固めた。

 地検などは月内の立件に向け、関係者の事情聴取を進めている。

 同社は1992年7月、日本アイ・ビー・エムなどの出資で設立され、2003年6月に東証1部に上場。07年6月期連結決算で約40億円の債務超過に陥り、元会長ら経営陣が退いた。07年11月には2部に降格した。粉飾決算は、その後の内部調査で判明した。08年4月に公表された調査報告書では、07年6月期までの5年間に、商品のソフトウエアを帳簿上だけで売買。循環取引など不正取引を計56回繰り返し、連結売上高3457億円のうち682億円を水増ししたとされる。

 監視委などは取引内容を精査し、5年間のうち2年分の計約200億円が水増しにあたると判断。元会長が不正経理の方法を部下に指示したメモ類も入手しており、元会長が粉飾決算を主導したとみている。

 読売新聞の取材に対し、元会長は「粉飾を指示したことはない。財務状況をチェックする委員会も社内にあり、なぜでたらめな内部調査報告書が出てきたのか分からない」と話している。

 ◇循環取引=複数の企業間で商品を売買したように装い、架空の売り上げを計上する不正取引。冷凍食品大手「加ト吉」の元常務が特別背任罪で、IT関連企業「アイ・エックス・アイ」の元社長らが金融商品取引法違反で有罪判決を受けている。

比ニューハーフと日本人男、偽装結婚の仲介摘発(読売新聞)
桑田元投手の父宅が全焼=男性遺体発見−浜松(時事通信)
<民主党>「社会的弱者」団体相次いで陳情 政権交代効果で(毎日新聞)
【健康】体幹 鍛えて生活向上 姿勢や呼吸・発声に好影響(産経新聞)
<裁判員裁判>どう判断? 殺人否認の被告(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。