So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

改正法施行控え、厚労省に要望―臓器移植関連学会協議会(医療介護CBニュース)

 改正臓器移植法の全面施行を7月に控え、臓器移植関連学会協議会は6月9日、改正法の施行に際して迅速に対応すべき課題への対応を求める要望書を長妻昭厚生労働相にあてて提出した。15歳未満の小児ドナーからの臓器提供が新たに始まるため、要望書では臓器ごとにレシピエントの選定基準を見直すよう特に求めている。

 改正法をめぐっては、厚労省の厚生科学審議会疾病対策部会臓器移植委員会を中心に、合わせて10の作業部会や研究班が設けられ、法の運用に関する施行規則やガイドラインの改定を行っている。
 要望書では、施行が差し迫っているにもかかわらず、提供や移植を行う際の臓器ごとに検討すべき問題が、現状では十分に話し合われていないと指摘。とりわけ、15歳未満の小児ドナーからの脳死下での臓器提供が新たに始まるため、従来法の下で運用されていたレシピエントの選定基準を見直す必要があり、早急に作業部会を開いて協議するよう求めている。厚労省の作業部会のうち、移植に係る臓器ごとの作業部会は7つ(心臓、肺、すい臓、腎臓、肝臓、小腸、角膜)あるが、いずれもここ最近の審議がストップした状態。
 今回の要望を受けて厚労省側は、各作業部会の話し合いを再開することを明言したという。
 要望書提出後の記者会見で、同協議会のメンバーを務める阪大医学部附属病院移植医療部の福嶌教偉副部長は、「腎臓移植では小児同士の方が、長期予後が良好というデータもある。肺や心臓についてもサイズマッチの観点から、医学的適応が明確に否定される場合を除いて、できる限り小児レシピエントに優先的に移植されるべき。そうした問題を法施行後も含めて、作業部会できちんと話し合ってほしい」と述べた。


【関連記事】
新規の心臓移植実施施設に9病院を審査
提供施設の拡大など提言―臓器移植関連学会協議会
夫から妻へ「親族優先」の角膜移植が終了―改正法の一部施行後初
改正臓器移植法のガイドライン案を公表―厚労省
医療従事者にも十分な普及啓発を―臓器移植・普及啓発作業班

宮崎県境の道路、一部封鎖を検討=口蹄疫の感染防止で―鹿児島県知事(時事通信)
菅新首相が初会見、「人事すべては全くの白紙」(読売新聞)
「退陣は私の不徳のいたすところ」官房長官、総辞職に反省の弁(産経新聞)
玄葉政調会長もメンバーに=民主政権公約会議(時事通信)
<鳩山首相辞任>地元・北海道 落胆と失望(毎日新聞)

<口蹄疫>「全頭処分、仕方ない」 宮崎の農家ら覚悟(毎日新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、感染が広がっている地域の牛や豚が全頭処分される見通しになった。感染まん延を遅らせるためにワクチンを接種したうえでの処分となる。畜産農家や地元は大きな打撃を受けることになるが、発生地区や地区外の農家などからは「全頭処分は仕方ない」との声も上がった。

 感染1例目が確認された都農(つの)町。牛40頭を飼育する永友浄さん(65)方は感染を免れているが、全頭殺処分には賛成という。「感染していなくても、町全体にこれだけ広がれば競りもできない。自分だけ感染しないのは逆に負い目を感じるくらい。全頭処分してゼロからスタートした方がいい」と語った。

 一方、感染確認が最も多い川南町で、牛76頭に感染の疑いが出た江藤民子さん(65)は反対の立場。「これ以上殺処分の頭数が増えると、埋却処分の遅れに拍車がかかる。牛は出荷までに年月がかかるので、感染していない農家は簡単には受け入れられないだろう」と他の農家を気遣った。

 川南町の蓑原敏朗副町長は「現時点で国からの連絡はない」とした上で、「ワクチン投与が決まれば、農家の方々に粛々と説明するしかない。ただ、殺処分される牛や豚の補償など具体的な経済支援策がない限り、説得は難しいと感じる」と話した。

 県内最大の畜産地で、感染が確認されていない都城市。牛20頭を飼育する別府俊利さん(80)は「これ以上、対策に手が回らないなら全頭処分も仕方がない。でも、農家にとって牛は生活の手段であって生きがい。大切にかわいがってきた牛を処分される人の顔を思い浮かべるといたたまれない」と声を落とした。【小原擁、澤本麻里子、川上珠実】

【関連ニュース】
口蹄疫:鳩山首相「責任追及より感染防止が先」
口蹄疫:感染した疑いが強い牛と豚 宮崎の5農家で確認
口蹄疫:殺処分に追われる関係者 疲労と焦燥が蓄積
口蹄疫:「ワクチン使用検討すべき時期」専門家委が提言
口蹄疫:牛関連のイベントが全国各地で中止に 風評も懸念

<三井造船>肺がん死亡男性の遺族が提訴 大阪地裁(毎日新聞)
介護職員の医療行為、特養以外にも拡大へ−長妻厚労相が法改正検討(医療介護CBニュース)
ユニットコム、“音々ちゃん”ミニノート第2弾を日本橋で限定発売
遺伝子組み換えナタネ、伊勢湾周辺に自生・交雑(読売新聞)
一度は体験してみたい、海に浮かぶ豪華ホテルの旅

蜃気楼 富山湾で、肉眼でも鮮明 離れた風景水平線上に(毎日新聞)

 富山県魚津市の富山湾で17日、蜃気楼(しんきろう)が現れ、約10〜20キロ離れた富山市や同県黒部市の岸辺の風景が水平線の上に浮かんで見えた。

 蜃気楼は、光の屈折で水平線付近の物体が上に伸びて見える現象。春から夏にかけて昼夜の気温差が大きく、北風が吹き込むと発生しやすいといわれる。

 蜃気楼の観測を続けている魚津埋没林博物館によると、この日は午後0時40分ごろから夕方まで、肉眼でも鮮明に確認できた。

 富山地方気象台によると、魚津市のこの日の最高気温は24.5度、午後1時は風速2メートルの北風だった。【岩嶋悟】

【関連ニュース】
天気:ようやく春の日差し戻る 静岡など
真夏日:暑い 大はしゃぎで水と戯れる子どもたち 金沢市で31.6度 /石川
真夏日:郡上で30.1度を記録 /岐阜
GW:5連休初日、行楽地へ人の波 新幹線乗車率は100% /静岡
ニュース交差点:気象 低気圧で強風列島

出会い系、「婚活」女性もトラブル続出(読売新聞)
北陸新幹線の延伸 もんじゅと別問題 国交相、福井県要望に(産経新聞)
赤いバイクで「ちょっとこっちに…」女児に声掛けの不審者情報相次ぐ 品川区 (産経新聞)
中学体育祭、強風でテント飛び生徒10人けが(読売新聞)
<リウマチ治療薬>投与やめても症状悪化せず…産業医大調査(毎日新聞)

民主「飛んでイスタンブール」庄野真代さん擁立へ(産経新聞)

 民主党が夏の参院選の比例代表候補として、歌手の庄野真代さんを擁立する方向で最終調整していることが17日、関係者の話で分かった。

 既に比例代表で公認した女優の岡崎友紀さんに加え、落語家の桂きん枝さんも擁立する方向で、知名度の高いタレント候補を複数擁立することにより幅広く浮動票取り込みを狙う考えとみられる。

 庄野さんは大阪府出身。庄野さんは「飛んでイスタンブール」などのヒット曲で知られる。

【関連記事】
民主・山岡氏「ダブル選は200%ない」「自民党はメルトダウン」
「小泉路線と同じ」とみんなの党を批判 福島党首
「打倒!! 鳩山政権」保守系地方議員ら決起集会
「ネット選挙解禁」反対意見なし 協議スタート
石原知事「大事なことはストップ・ザ・民主」
外国人地方参政権問題に一石

参政権反対国民大会 「国籍のバーゲンセールやめて」国内外から切実な声(産経新聞)
宮崎の1例目、口蹄疫確定=農家支援策も拡充−赤松農水相(時事通信)
肝臓、膵臓、乳がんの変異公開=ゲノム解析で新治療法期待−国際チーム(時事通信)
事業仕分け第2弾 48法人152事業が対象 「科学技術軽視」浮き彫り(産経新聞)
乾燥食品に金属片混入 天野実業が自主回収(産経新聞)

<巨大こいのぼり>100匹スイスイ 栃木・壬生町(毎日新聞)

 栃木県壬生町国谷の町総合公園の芝生広場に、約100匹の巨大こいのぼりがお目見えした。青や赤、オレンジなど色とりどりのこいが青空を気持ちよさそうに泳いでいる。5月中旬まで。

 こいのぼりを飾っているおもちゃ博物館によると、こいのぼりは博物館がオープンした翌年の96年から、家庭で不要になったこいのぼりを譲り受けて飾り始めた。約80メートルのロープにつるされ、最長のこいは約10メートル。子供たちが触りやすいように、しっぽが地面まで垂れ下がっている。訪れた子供たちは、しっぽにくるまったりするなどして楽しんでいた。こいのぼりの寄贈の問い合わせは同博物館(電話0282・86・7111)へ。【松本晃】

【関連ニュース】
桜の海泳ぐこいのぼり
こいのぼり:桜の中泳ぐ「こい」−−岐阜
こいのぼり:桜の間を泳ぐ−−掛川・原野谷川 /静岡
こいのぼり300匹−−中区・さかえ川 /愛知
こいのぼり350匹 春風にすいすい 札幌・定山渓温泉

初代ミニ新幹線 400系「つばさ」ラストラン 歴史に幕(毎日新聞)
首相動静(4月15日)(時事通信)
あす赤塚植物園で緑のイベント(産経新聞)
龍谷大生が中2女子を買春、逮捕(産経新聞)
優木まおみ、「第9地区」シンポジウムで「エイリアンとも共存したい」

都心で41年ぶり遅い雪 上越新幹線運休、交通乱れ(産経新聞)

 強い寒気と低気圧通過の影響で17日、関東甲信や東北南部の各地で雪やみぞれが降った。東京都心でも早朝にうっすらと積もり、気象庁によると、これまで最も遅い積雪を記録した昭和44年4月17日と41年ぶりに並んだ。

 都心のほか横浜、甲府、宇都宮、前橋、埼玉県の熊谷でも雪が降り、降雪記録としても最も遅かった44年に並んだ。千葉は63年4月8日に降ったのがシーズンの最も遅い降雪日で、記録を更新した。

 宇都宮で1センチの積雪があったほか、東京では、午前5時半過ぎにみぞれが雪に変わり、同6時20分ごろには積雪を観測。1・4度まで気温が下がった。東京消防庁によると、台東区内で女性(66)が自転車で転倒し、骨折するなど7人が転倒によるけがをした。

 JR東日本によると、群馬県の上越新幹線上毛高原駅などで雪がポイントにつまって切り替わらなくなり、上越新幹線4本が運休、16本に最大100分の遅れが出て約1万人に影響した。

 東京メトロ東西線の中野駅でもポイント不具合で一時運転を見合わせるなど、各地の交通機関に乱れが出た。

「死ぬかもと思った」=逮捕の母供述−奈良5歳児餓死
「2020年代に10%台後半」 経団連、同友会 成長戦略に消費税盛る(産経新聞)
走行中の後席、7歳男児が窓に首挟まれ意識不明(読売新聞)
「首相は統治能力欠如」と自民総裁=無党派層の動向注視−時事世論調査(時事通信)
小麦粉7割の「深大寺そば」製造会社をJAS法違反で書類送検(産経新聞)

<村本さん銃撃>「あの笑顔で帰れず残念」妻の恵美子さん(毎日新聞)

 【アジア総局】タイ・バンコクでの軍・警察部隊とデモ隊の衝突で死亡したロイター通信の日本人カメラマン、村本博之さん(43)の妻恵美子さんら遺族は11日深夜、バンコクに到着、12日に市内の病院で遺体と対面した。

 「あの笑顔で『ただいま』と帰れなかったことがとても残念です」

 恵美子さんはバンコク到着後にコメントを発表。機内でしたためたメモを、ロイターの同僚男性が涙で声を詰まらせながら代読した。恵美子さんは「急なことでどうしたらよいか、戸惑うことばかりです」と動揺を隠せず、「彼は私たち家族にとって最高の夫、最高の父親でした」と亡き夫を悼んだ。

    ◇

 ロイター日本支局のネルソン・グレイブス編集局長は11日、成田空港で報道陣の取材に応じ、村本さんの死亡について「15年にわたりロイターに尽くしてくれたジャーナリストを失い、社は悲しみに沈んでいる。タイ政府も今回の事件を深刻に受け止め、今後の調査に力を注ぐと約束してくれている」と沈痛な表情で語った。

 同社では紛争などの危険が予想される取材の際には防弾チョッキの着用を義務付けている。グレイブス編集局長は「今回は写真で見る限り着用していなかったとみられる。その理由はわからない」と述べた。【斎川瞳】

 ◇殺人容疑で捜査 警視庁

 村本さんの死亡について警視庁組織犯罪対策2課は、刑法の「国外犯規定」を適用して殺人容疑で捜査する方針を決めた。今後、村本さんが銃撃を受けた際の状況についてタイの警察当局と協力しながら調べを進める。

【くらしナビ】ユニ・チャーム 開発8年、働く女性の救世主(産経新聞)
<大学入試センター>民営化検討の考え示す…枝野担当相(毎日新聞)
<使い捨てライター>業界団体がCRの義務づけを支持(毎日新聞)
名張毒ぶどう酒事件で、最高裁が高裁に審理を差し戻し (産経新聞)
宝塚で小6、小5の兄弟が不明 1週間帰宅せず(産経新聞)

平野官房長官、移設案を提示=沖縄知事は拒否明言−普天間(時事通信)

 平野博文官房長官が1日に都内で仲井真弘多沖縄県知事と会談した際、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)に駐留するヘリ部隊を鹿児島県徳之島に移転するとともに、沖縄県内に段階的に移設する内容の政府案を説明していたことが6日、分かった。政府関係者が明らかにした。
 仲井真知事は会談直後、平野長官からは具体的地名の提示はなかったとした上で、「筋道が通ったものが出来上がっているという感じはない」と記者団に語っていた。実際には政府案の提示を受け、地元首長として拒否していた格好だ。鳩山由紀夫首相が移設先決定の前提とする「地元の了解」とは程遠い状況が改めて明確になった。 

【関連ニュース】
勝連沖案に反対=民主県連代表
会期延長を視野=参院選日程に影響も
シュワブ陸上案が現実的=亀井氏
外交青書要旨
普天間、沖縄負担軽減を強調=10年版外交青書

日中戦争めぐり首相「やられた方は覚えている」 (産経新聞)
新党結成の動きを歓迎=渡辺喜氏(時事通信)
私立中学にも独自助成へ=全国初、高校無償化受け同額−鳥取知事(時事通信)
杉並・和田中の「夜スペ」施設使用は適法(産経新聞)
愛媛県新居浜市・別子銅山 人気上昇「東洋のマチュピチュ」(産経新聞)

<サル>ボスに君臨11年4カ月、「ゾロ」は温厚、仲間思い(毎日新聞)

 大分市の高崎山自然動物園で、C群(696頭)のボスザル「ゾロ」(28歳)の在任期間が先月、11年4カ月を超え、これまで最長だったB群「ゴルゴ」(32歳)の11年3カ月を抜いて歴代1位となった。人間なら90歳ほどの高齢だが、温厚で仲間を思う気持ちは人一倍だ。

 サルの世界は群れの中での年功序列。ゾロは、群れ間の移動は当たり前の雄ザルには珍しく、C群を出たことがない。昨年11月にB群で序列2位に降格したゴルゴの記録を先月25日に抜いた。

 普段は毛づくろいなどをしてのんびり過ごしているが、いざという時は体を張って仲間を守る。約5年前、サルの天敵である犬が寄せ場にやってきた時は、皆が一斉に逃げ出す中、一匹で立ち向かって退散させた。

 ただ、恋愛には奥手で、6年間も“彼女”がいない。ゾロは、お気に入りの雌をじーっと見つめるだけで、今シーズンも恋の成就は“不発”に終わった。

 同園職員の江川順子さん(34)は「昔に比べ肉も落ちたが、一日も長く元気に過ごしてもらいたい」と話している。【高芝菜穂子】

【関連ニュース】
別大マラソン:キプコリルが優勝 井川4位 三津谷9位
話題:ボスザル「ゾロ」が、最長在任記録を更新/「人格者」でも、恋愛は奥手/大分

<お別れの会>玉置宏さん=4月12日午後6時、東京会館(毎日新聞)
タレント活動で報酬、大阪府の男性看護師を処分(産経新聞)
強風で羽田の92便欠航、利用客ら疲れた表情(読売新聞)
【悠々往来 ローカル線の魅力】「水間鉄道」 参拝客を運び80年(産経新聞)
横浜・磯子のマンションで火災、けが人なし(読売新聞)

<強盗>パチンコ店から300万円と景品 東京・江戸川(毎日新聞)

 28日午前0時45分ごろ、東京都江戸川区西葛西5のパチンコ店「SANSA西葛西店」で、男2人組が刃物で脅して店員の男女4人の両手足を粘着テープで縛り、男性店長(33)に金庫を開けさせ現金約300万円と両替用景品約1200個(数百万円相当)を奪って逃走した。店長や店員にけがはなかった。葛西署は強盗事件として調べている。

 葛西署によると、閉店後に店裏口から出てきた男性店員に2人組の男が刃物を突き付け「金を出せ」と脅し、金庫がある2階事務所まで案内させた。現金などを奪った後は店長の両手足も粘着テープで縛った。男は40〜50代と20〜30代で、黒い帽子と白マスク姿だった。【町田徳丈】

【関連ニュース】
強盗容疑:万引きし外へ、呼び止められ暴行 小学教諭逮捕
強盗:ビジネスホテルのレジから100万円 三重・亀山
強盗容疑:都立高教諭を逮捕 顔殴りバッグ奪う
不起訴:元Jリーガーを東京地検 告訴取り下げなどで
強盗:シティホテルから16万円奪う 愛知・一宮

郵政改革で閣僚懇設置=鳩山首相が指示(時事通信)
飲酒運転撲滅モニュメント建立へ=福岡市〔地域〕(時事通信)
<中国毒ギョーザ>「さらに究明を」首相が談話(毎日新聞)
送迎バス 壁に衝突し炎上 運転手死亡、10人軽傷 大阪(毎日新聞)
<新種の人類>4万年前、露南部で生活 骨片のDNAで判明(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。